三伏横飛びの世界

好きなんだよ!マジで!

Sexy Zoneに関ジャニ∞を歌ってほしい

 

 

突然ですが

Sexy Zone佐藤勝利くんって関ジャニ∞好きじゃないですか?

 

 

◆そうなんだよね!知ってる!!ありがとう勝利くん!推せる!と答えた方

あとマウス4回くらいスクロールしてもらって平気です。STY!

そもそも佐藤勝利って誰だと答えた方

⇒ではご紹介します。そのまま下へ進んでください。

 

 

 

さて上の問で「佐藤勝利くん??」と疑問に思ったそこのエイターちょっとストップ。

今日はSexy Zone紹介ブログではないのですがプリッと紹介します。

 

佐藤勝利(20)

 

f:id:m_a9k8:20170517082234j:image

f:id:m_a9k8:20170517085243j:image

 

・言わずもがな関ジャニ∞の後輩「Sexy Zone」の0番センター

・入所前にただ道を歩行をしていたら芸能事務所に3度スカウトされた経験を持つ生粋の美少年(青年)。それゆえ有吉先生から顔面国宝という名を授けられる。

・メンバーカラーはすばるくんと同じ「

・雪解け水のように澄み、時には溶けてしまう雪のような儚さのあるウィスパーボイスの持ち主。

・5人中4人が超変化球ボケを飛ばしてくるSexy Zoneにおいて、とても貴重なツッコミ担当。(最近たまにボケる)いわゆる普通の人の感覚を持っているセンター。

・丸山くんとはご飯に行く仲。先日橋本環奈ちゃんとジャニ勉にゲスト出演したのも記憶に新しいですね。

エイターになりたい。関ジャニ∞が好き。

 

 

 

関ジャニ∞が、好き。

 

 

 

 

証言はこちら

 f:id:m_a9k8:20170516232721p:plain

 

f:id:m_a9k8:20170516232727p:plain

 

f:id:m_a9k8:20170517082906j:image

 

これはクロ以外の何物でもない。

 ましてやエイターです!じゃなく、エイターに“なりたい”なんて、なんて謙虚な国宝……;;そんな国宝が属すSexy Zoneっていったい何者~!?><と思われた方も多いでしょう。せっかくなのでSexy Zoneの残りの4人についても少し紹介しマリウス!!!!(無理やり)

 

 f:id:m_a9k8:20170516234143j:plain

左から

マリウス葉(17) 17歳です。えっまだ17…?オランジーナのCM「ニブイヒト!」。ドイツ語/英語/日本語を操るトリリンガル。端正な顔立ちと気品溢れる佇まいなドイツ×日本のハーフ。美容に詳しくお菓子作りが得意。漫画のキャラ設定を一人で背負っているようなDK

中島健人(23) ご存じ王子キャラとして現在世に名を轟かせる。スタイルも良く脚の長さで時折オタクたちをどよめかせる。作画が矢沢あい。デビュー前にドラマ『生まれる。』で大倉くんの弟役で共演してました。アイドル意識の高さから最近では諸先輩方に一目置かれがち。安心安定の歌唱力。遊戯王オタ。

松島聡(19) デビュー1~3年目あたりのまだ世の中に気づかれる前の大倉くんを彷彿とさせる、これから世を震撼させることを間違いなしのリーサルウエポン。JUMPやNEWSのツアーには毎度参戦。ジャニオタからジャニーズになり入所から7ヶ月でデビューというこれまた漫画の主人公の設定を1人で背負っている。特にダンスが目を惹く。天然記念物並みの天然。

右上

菊池風磨(22) 今年3月に某有名私大を卒業。その頭の回転の良さからウィットに富んだコメント返しや、MC回しもお手の物。紫というメンカラから某村上さんの影も伺えるが、実際にイフオアを観劇、一緒にご飯に行くなど交流もある。年下メンバーの面倒見もよく、また爆モテエピで数々のセクガルを沼落ちさせている説あり。(#爆モテ風磨くん伝説)

 

めちゃくちゃ簡単に紹介しましたが、まだまだ各々沼落ち待ったなしエピソードがありすぎるので気になった方は「セクチャン 焼肉」「セクチャン ふまけん」で検索を!

 

 

さてここからが本題です。

勝利くんがエイターなことはいとも簡単に証明されましたが、そんなエイターになりたい、いやもうなってるよ!!!!な勝利くん率いるSexy Zoneがエイトの曲を歌ったらどうなってしまうんだ、いや頼む歌ってくれ。という願望と妄想を書き綴ったのが今日のお題です。しかもセクゾとエイトってお互いに隠れ名曲が多いと思うんだよね。

そして冒頭で◆そうなんだよね!知ってる!!ありがとう!勝利くん推せる!と答えた方お待たせしました。

 

独断と偏見で選ぶ

〜Sexy Zoneに歌ってほしい関ジャニ∞曲〜

 

・Train in the rain
→人気なわりにライブでも未披露な曲。だけど『名もなき電車に〜』パートはふまけんでハモリやったら最高of最高
 
・explsion
→本家同様、上裸にベスト羽織っていただくもよし。途中の“explsion...”は勝利くんでぜひに!!!
 
・一秒KISS
→サビ振りも覚えやすいし人気曲(だと思ってる)。村上くんが担っている「ないないないない!」ガヤ入れ要員を誰にしようかなぁ松島くんかな〜と思いつつ、勝利くんあたりがすごく喜んで乗ってきそうなのでしょり聡でやってください(懇願)
 
→もう少し歳を重ねたセクゾに歌ってみてほしい曲。大きくなったねぇ;;ってわたしが勝手に泣きたい。「夢見るジェットでほうき星に乗れ」を甘々ボイスで風磨くんかケンティに歌ってほしい。なんならふまけん。
 
・Dye D?
→みんな大好き吸血鬼設定。本家同様黒マント黒スーツ白手袋(死)でこれはやってほしい。Sexy Zone×吸血鬼って持ち前の高貴さと妖艶さが存分に発揮されるので最高なこと間違いない。渾身の決め台詞『Dye D…?』は松島くんで!というかここが見たいがためにDye D聴きたいところある。
 
・I to U
→別名『エイト版back number』と勝手に呼んでいるこの良曲、よくよく聴いていくと主人公は失恋しているんですが(ただ諸説ありそうと思ってる)、日常に潜む何気ない幸せを歌っています。寝相の悪さに苦笑い(フフッ)←ここを風磨くんにまんま再現してほしい。見える…チャームポイントのえくぼが見える…
 
 
◆ソロ曲編◆
 
・まもりたい(大倉ソロ)
→これはケンティ。いや絶対ケンティ。『抱きしめたいよ~』のファルセットが絶対きれい。ケンティお得意の弾き語りでもいいし、最後に人差し指で空中にまもりたいって書いてくれ
 
・no-no-no(大倉ソロ)
→これは風磨くんに。好きな子に遊ばれる男の子目線の歌詞を風磨くんが歌います(ません。)彼女にめっちゃ未練あるしなんなら本当に彼女だった???『誘われてたLOVE GAME』の歌詞にもあるようにあの(どの)風磨くんが遊ばれている。これもライブで披露されたことがない(えっない…?)ので、演出はセルフプロデュースに長ける風磨くんにお任せします。
 
アイライロ(安田ソロ)
→松島くん。この曲で踊る松島くんが見たい。そして歌い踊る際は椅子を使ってほしい(FORM島担の名残)『だから早く僕だけの君になれ』の切なげな表情に落ちるオタク多数なこと間違いなし。
 
・monologue(錦戸ソロ)
→勝利くん。これは絶ッッ対勝利くん。しかも25歳くらいの勝利くん。今でももちろん良いけども!勝利くんが自称を「俺」って言っていると無駄にときめく勝利くんの「俺」担なんですが(知らん)、特に歌詞だといつもの5乗くらいにときめき具合も増します。ギターガシガシ弾きながらマイクスタンドで歌ってほしい。
 
・TOPOP(安田ソロ)
→これはマリちゃん。英詞も混ざっているからマリちゃん向けかなっていうのもあるけど、貴い雰囲気のマリちゃんがダンケシェーンとはまたちょっと違う、少しフランクな(いわゆる下界で)空気感で道行く人々と、時にはおどけたりしてたらそれだけでハイスクールミュージカルっぽいミュージカルになるから絶対。(見たことないけど)
 
 
欲と妄想まみれな内容でお送りしましたが、あくまで個人の欲望なので異論はあるでしょうが悪しからず!セクガル向けなのかエイター向けの記事なのかわからなくなってしまいましたが、少なからずエイト×セクゾの需要はあるはずなので!!!各方面の大人たち!!!!!
 
何卒!!!!!お願いします!!!!!!
 

人生で初めてSexy Zoneのライブに行ってきた話。

 

BGMにI see the right~僕らのステージ~を聴きながら書いています。

もうここが今回のクライマックスです。

こんばんは、しゃけです。

 

 ネタバレ回避を続けてきて早2ヶ月、オーラスまであと2日という回避するには無謀すぎる、よくもまぁ回避してやるなんて心に決めたもんだなと自分の性分に呆れつつ、先週Sexy Zone ツアー2017『5TAGE』に行ってきました!!ドンドンパフパフ

 ツアー発表が沼落ちして約1ヶ月経った2016年12月25日。その年唯一のクリスマスプレゼントだったことはまだ記憶に新しいですSTY。もうそれはめちゃめちゃ楽しみで、どれくらいだったかというと1週間前から目覚ましの時間前に動悸で朝起きてしまうくらいには楽しみにしてました(不健康)逆に当日はわりと落ち着いていて、開演15分前のぎりぎり着席。そのおかげか足のかかとから流血しており、おろしたての靴が血に染まりました。死にたい。

 そんな私情はさておき、コンサート自体はそれはもう期待を越えて楽しかったです!

 

 どうやら風磨くんがライブ演出をしたがっているという風の噂を中島ァから媒体越しに聞き(ややこい)、「やりたい仕事はやりたい子にやらせればいいんだよォ!!」と職場の先輩ポジ的な持論があったので、ライブについて卒論まで書き上げてしまう彼の手掛けるコンサートはどんなもんだろうと楽しみにしていました。風areの流れもすごく好きだったし、ライブ作るの好きなんだろうな~って見ていてなんとなく察していたので余計に。そんな心情だったのでもちろん期待もしていました。内容は5年間の出来事を振り返るような一筋縄ではいかない、ただ過去曲をやるのではなく、今だからできる・魅せたいことのエッセンスを加えて披露していたように見受けたので、新規も古参ファンもみんなが楽しめるような内容だったんじゃないかと思います。もし私が古参だったらwith youとかハイピは絶対嬉しいし膝から崩れ落ちてるよ。

 

 ここから書くのは、後にも先にもこのツアー上1公演しか入れずとにかく曲を聴き本人たちを見てやるんだとそればかりだった私個人の感想です。いわば「初めましてSexy Zone!」な、全体をざっくり見ただけなので本当に感想。最後らへん我ながら激重すぎる。とはいってもコンサートの感想なので少々レポみたいなのも混ざっていますので悪しからず。

 

 

①ROCK THA TOWN

 初めましてSexy Zone!!!!の瞬間でした。これまで(むしろ今も)5人は2次元か天界人なんじゃないかと思っていたのですが、きちんと3次元、横浜にいらっしゃいました。聡ちゃんをロックオンした後、マリちゃんの肩掛けジャケのかっこよさに驚嘆。ハンドル操作をする風磨くんが風磨くんそのままだ……というまずは初見の感想。

 

②Teleportetion

 噂に大好評なテレポです。事前情報で5人で披露すると聞いて『え?なにそれ最高やん?????』と始まる前から最高と決まっていたのですがもう最高。最高のゲシュタルト崩壊。聡ちゃんも見たい!!!!でも全員見たい!!!!!どうしたらいいの〜!??!?!と我儘を拗らせていたら、私が大好物な縦割り個人画面のご登場。いかんせん初見で全体の把握をしたかったので細かい表情まで確認できず悔しいなと後から思いつつ、だからこそ映像化する時には個人アングルはもちろん入れてくれますよね???という期待を添えてポニキャさんに要望を送りたいと思います。あとから聡ちゃんもTの字に直っていたと聞いて心で拍手喝采でした。しかも衣装が本来のメンバーカラーにしなかったのもすごく良かった。だいたい揃って踊る時ってメンカラ衣装になりがちなところをあえて外してきて、しかも各々ちゃんと着こなしてモノにしてるから、本当に何を着ても負けないのは顔がかっこいいからなんだなぁ。byしゃけを。勝利の緑ジャケと風磨くんのピンクスーツが特にお気に入りでした。それにしたって目が足りない!!!!!

 

③Sexy Girls 私のオキテ

 そこいらのそういうサービスをする女の子のお店よりコスパが良すぎて心配になりました。お金をツムツムしたほうがいいのでは??ってくらい可憐で愛嬌があって女子よりも女子らしい男子を見て己の女子力に自信をなくしましたありがとうございます。しかもグループで女装をすると誰かしらブスが紛れ込んでるもんだけど(偏見)みんな可愛い!!!脚がきれい!!!!控えめに言うならラッキースケベ席で生着替えをロックオンしたかった。こんな冷静に書いてますが、双眼鏡を握りつつ阿鼻叫喚でした。『どうも!Sexy Girlsで〜す!』って挨拶したしょり子の声は普通に佐藤勝利だったし、風子のスタイルの良さは本気で見習わなければと思いました。葉っぱとささみ生活を始めます。

 

④rouge〜サマハニ

 もともとツアー始まった当初から、レポを薄目で見ていたのでソロ曲はIGDとrouge、どちらかしかやらないと思っていたんですね。「1回のコンサートでソロ曲は1人1回」という駄菓子屋のくじ引きかなんかかよっていう固定概念の強さから勝手にそう思い込んでしまっていたので。だからIGDが始まった時、rougeは今日じゃなかったか〜ってなったし、テレポも同じくそう思っていました。でもどのソロ曲も好きだよ!(cv.佐藤勝利)。その前のslow jamが終わり(これも本当に最高だったので個別アングル映像をください)突然ダーティーなお色気照明になり、風磨くんの生お着替え&6パックがお目見えし?!??!!?混乱する中流れたイントロは誰がなんと言おうとrouge。え???rouge????え?私いまrouge聴いてる??え??????と頭は混乱しつつもお淫ら風磨くんを双眼鏡でロックオンしていたので忍びない。この日は動き的にいつもより控えめだったそうですが、それでも最後の方には本当にplease,don't say good-byeして欲しくなさそうだったし歌詞に感情を乗せるということを体現していて本当にいいrougeでした。そのままMVにしたらどうだろうか。

で、そこからのSummer Honeyですよ。スーツケンティだ~きゃっきゃなんてしてたら白いシーツ(あっ)から現れたのは鮮やかブルースーツアップのケンティ。モーゼの十戒のごとくブルーオーシャンを掻き分けていく姿をただ見つめるだけで泣く子も黙るんじゃなく見惚れる圧倒的存在感と会場を一つにしてしまう統率力。良い意味でケンティはケンティのままで、凄いという言葉以外が見つからないのですが本当に凄かった。シンメの世界観を一変させられるのはやはりシンメってかぁ…。あの時ばかりは私もハニーでした。

 

⑤with you~Sexy Zone

  Jr.時代の曲をデビュー組が歌ったら語彙力の低下が著しくなるのは大いに認識していたけれど、with youもまさにその中の1曲で。ただ私は彼らがリアルタイムでこの曲を歌っていた時に小さなハコライブに通い詰めているバンギャルだったので、思い入れというよりは単純に振り付けが好きで歌詞が重なって泣けるという思い入れのほうが強かったので、この機会に、成長した姿でお披露目されたことがただただ嬉しかったです。からのSTAGE。挨拶から涙腺が決壊していて曲中の記憶がほぼないという脆弱脳みそなのが申し訳ない。慈愛の心で見ていたのだけは覚えてる。本当に、本当におめでとう。そして問題のアンコール1曲目ですよ。ここも流れてきたレポで発覚していたのでサプライズ感ありありのリアクションが取れず大変恐縮だったんですが、語彙力低下zone第何弾かっていうくらい「無理、いや無理、好きだ、いや、無理」と言いながらペンラと双眼鏡をかざすのみ。こんなに泣けるデビュー曲ってある??いや、ない。物理的に成長を感じられるのは大きいけど、デビュー曲を本当に大事にしていて、どんな事でもきちんと過去を愛せるグループなんだなって賛美しかなかった。しっかしベルサイユよろしく天上人がもう少しで帰ってしまわれると思うと寂しくなるよね、アンコールって。 

 ここまでライブの印象的なところをピックアップしましたが、言ったら全部よかったんだよ本当に。しょりソロはサマパラ同様抱かれたし(語弊)ダンケシェーン「この場所で歌えるなんて」でそうね…そうだよね…(泣)ってグッときたし。キャラドリのsnowだってきっと今の歳の彼らじゃないとできない事を演出に盛り込んできたのは素直に感心したし。ブレマイのダンスだって振付変わってることに気づいてしまって『なんで1公演しか申し込みをしなかった私?????』って自問自答せざるを得なかったし。次からは初日と中日のどこかとオーラスは確保します。。。

 

 あとは各々に思ったことを書いていきますね。すでに重いですがここから激重です。

 

 まず健人くんは年長者らしくコンサートの盛り上がりを牽引していく感じなのかなと思ったけど、一歩引いて見て、でも見せるところはばっちり決めてっていうメリハリがよくてプロ意識を感じせざるを得なかった。多分今までは前述したとおり動いてたのかなとも思うんだけど、風磨くんに運転を任せる発言もしかり、きっと外部で仕事をこなす中で自然とメンバーに頼るっていうことが分かったのもあるのかなって。メンバーに頼る部分と自分が果たす部分を掴んだ健人くんはもっと素敵になるよ。サマハニで金テープを散らしてブルーオーシャンを掛け分けていく姿に完全に心を掴まれたのであの日から私もハニーです。STY!

 グループの中のメンバー1人がライブの構成を考えるなんていうのは正直近年だと珍しくないにしても、やっぱりセルフプロデュースができるメンバーがグループにいるのは本当に強い。可愛さとかっこよさ、大人の余裕みたいなのも入れてみました。って風磨くんは言っていたけど、過去の事象も取り入れながらこれからのアプローチをしっかり組み込まれたライブ作りってすごく難しいと思うんだよ。曲を全部聴いて、あーこんな事もあったあの時あいつにイラついてたな、とか思い出したって聞いて振り返りと同時にきちんと過去と向き合えたんだろうな。それを受けてメンバー愛が芽生えたタイミングで今回は適任だよ。グループだけじゃなく自身もかっこよさだけじゃなくかわいい部分を見せていこうとしているのがわかって、それでちゃんとかわいいし、表現することに対して素直になったんだなって新規の身ながら風磨くんを見ていて感じた。

 勝利は正直掴めない子だななんて思ってたけど、マリちゃんと合わせて今回のライブで1番印象が変わったかもしれない。このメンバーとなら何十年先も幸せに出来る自信があるんです。って真っ直ぐ前を見つめてきっぱり言い切った姿が本当に頼もしくて、強さがあってかっこよかった。だってまだ20歳でしょ?!って良い意味の絶望感も引きずりながら、無機質さは本来勝利が持っている強さから引き出されているものなんだなって愛しくなってしまった。浮かれないで、求められているものと成すべきものを心得て地に足がついてるセンターがいるSexy Zoneは絶対大きくなるよ。

 聡ちゃんのダンスって元気になれるんだよね。まずそこが好きなんですけど。すっぱりきっかりリズムを取ってて、見ていて本当に気持ちいい。ダンス曲が続くターンに来ても疲れを見せる事を全くせず、むしろ踊りも歌もファンサも必死で。必死って言っても周りが見えない必死さじゃなく、楽しすぎて全力で向かっていってるという意味で。私がアリーナ席で見てて近くの通路に聡ちゃんが来た時、半信半疑、でも届かないだろうなぁと思いつつ呼んでみたのだけど、その時聡ちゃんはセンター席の子たちのうちわ応対にそりゃもう必死で。まさか全部のうちわに応えようとしてるのかなっていうのはあながち間違いじゃなかったのか、アリーナ席の我々をまぁ見なくて、本当に面白いくらい見ないから思わず笑ってしまったんだけど、ここが聡ちゃんの良さだし好きだなぁって思いました(惚気)最後のあいさつで過去を振り返って笑顔があったから笑顔になれたって、だからこの先もと未来を語る聡ちゃんは、もう過去の自分を見たりしないんだなって、その強さに泣いた。

 わたしマリちゃんが時々話す英語が流暢すぎてドキッとするんだけど(RTT特典映像のかき氷買うときのガイドとか好きしかない)5TAGEのアテンダントコーナーで一瞬ライブじゃなくてショーに来てるのかなってくらいこっちまで少しブルジョワな気分にさせてくれるのはマリちゃんの立ち振る舞いと雰囲気があるこそなんだよねぇ。ただ伝えるだけじゃなくて、合間で戯けてみたりしたのもすごくキュンときました(語彙力2の答え)。風磨くんも言っていたように、Sexy Zoneの可愛さとかっこよさの切り替えはマリちゃんが担っているのを感じられたし、かわいいだけじゃない面も見られて印象が変わった。有りあまりすぎるほどの可愛さを持ったマリちゃんがかっこよさまで身に付けたら、地球爆発するんじゃないですかね。あとやっぱり声がきれい。IGD5人ver.の音源化をお待ちしてます。

 

 風磨くん曰く、今回はたくさんの人に来て欲しかったということで、数字社会で生きるゲスいオタクの勝手な予想を話すと、ステージ構成で花道をなくしたのは動員記録の数字を作りたかったのもあるかなと一瞬でも思ってしまって本気で謝りたくなりました。(数字がモノを言わすじゃないですか結局)こんな大人でごめんな!!!!他にも感じた予想はあるけど黙ります。でもだから、今回みたいなシンプルなステージ構成ももちろんいいし、結果的にトロッコでもきちんと(少なくとも私の前の通路は)全員通ってくれたし満足ではあるんだけど、もっと大きな会場で演出にこだわりまくったSexy Zoneも見てみたいと思いました。あとソロの場面で担当カラーで会場が染まるのがすごく印象的だった。あれはファンの団結力なのか、でもそうじゃないにしてもあそこにいた人たちはSexy Zoneが好きなのは確かで、もっと大きな会場で自分色に染まる景色を彼ら個人個人にどうしても見せてあげたいなって凄く思った。正直ドームで5人のライブを見られる日もそう遠くはないんじゃないかと思ってはいるけど、今回のツアーはその狼煙になったんじゃないかな。グループの空気感がめちゃくちゃ良いのって本当に幸せな事で、こっちまでなんだって乗り越えられる気がするから不思議ですね。ますます好きになるどころか、Sexy Zoneを好きになれて本当によかったなぁと心底思ったライブでした。

 

また会える時を楽しみに。

第1章お疲れ様でした。

Sexy Thank You!!!!!

 

 

セク婆になり約3ヶ月が経ちました。

 

 こんばんは。しゃけです。

 

さて私がセクゾ沼に沈み足の先から頭の天辺までSexy Zoneになってからだいたい3か月くらいが経ちました。前回セクゾは良曲ばっかだぞ!!!オラァ!!な世間に対して目くじらを立てていた記事を書いてから早2か月。(そこまで喧嘩腰ではないにせよ、早く世間はSexy Zoneを見つけてください。)その間に年末年始の音楽特番に紅白、カウコンなどなど、自担の観察日記を書いて提出しなさいという課題をこなす為の休暇なのではないかというくらい供給がたくさんあり、改めてジャニオタって楽しいなぁと感じました。だってテレビでもラジオでも最低週に1度は自担の生存確認ができるんですよ????普段短くて週に2~3度(ここは異常のような通常のような)、下手をすれば1年に1~2度のスパンでしか肉声で本命の生存確認ができないバンドギャルの住人には供給過多すぎてこれでは窒息しかねません。とはいってももともと遡ること何光年前までどっぷりエイターだったので(今もひっそりじわじわ追っています)、その時の感覚を取り戻している最中です、はい。

 

私がセクゾ沼に堕ちた経緯は前回述べたので割愛しますが、改めて簡単に説明すると、ふまけんは黒崎くん・翔平出、みんな大好きセクガル量産機ことセクチャンの視聴をへて身を投じざるを得なくなって今に至ります。自担という自担はもうすでに関ジャニ∞の大倉くんがいるのですが、松島聡くんに落ち着いています。天真爛漫、もしくは天然爛漫なんていう言葉が似合う彼の目から光が消えた瞬間なんて見てしまったら落ちないわけありません。夜道に待ち伏せされたいジャニーズNo.1です(危険)ちなみに逆の印象で風磨くんにも半身浸かっています。口角にできる溝と手が大好物です。カズキかわいいよカズキ。

 

さて今日はそんな3か月の中で起きた変化についてです。

冴えた題名が思い浮かばないのでこのままいきます。

 

 

①毎晩ストレッチをするようになった

 

のび~るのび~る!!!Sexy Zone!!!!/

f:id:m_a9k8:20170208233327j:plain

※下ネタじゃありません

事の発端は2016年の年末年始、音楽特番の供給では足りず、せっかくの長期休暇endお勤め先からオタク活動資金という名のボーナスも手に入れたということで『Welcome to Sexy Zone tour 2016』のBlu-rayを手に入れました。そのオフショットの中で聡ちゃんが、マリちゃんや中島さんと一緒にストレッチをしている光景をよく見かけました。そうかそうかこうやって念入りにストレッチしているから聡ちゃんのあのダイナミックかつキレのあるしなやかな(キレのあるしなやかな???)ダンスは構成されているんだなぁうわぁ好きなんてうわごとのように吐いていたんですが。ストレッチか~なんて思いつつ。私情ですが、ちょうどその頃、体の歪みやなんかが気になりだしていた時で、聡ちゃんのしなやかな感じが好きだったこともあり「私もストレッチを続けたら…聡ちゃんのようなしなやかボディになる…?」などということを供述し始めた私は、とりあえず毎晩お風呂上りに簡単に脚の裏側を伸ばすストレッチをやってみることにしました。すると以前なら1か月として続かなかったものが、癖のような習慣となり、柔らかくなったのはもちろん、おまけに太ももが細くなったような気がします(気がするだけです。気が、する、だけです。)

 

②コスメ用品に本格的に興味を持ち始めた

まずセクガルはたまたセク婆になってびっくりしたことの一つに、セクガルさんたちの美意識の高さ。大昔は眉毛を剃りまくりその上化粧などはせず、痩せる・ダイエットなんていう言葉は国語辞書のページから破り去られたようなJKでした。化粧をし始めたのも社会人になってからだったので20歳あたり。一応チークとビューラーは持ってるけど。下地っているの????『最低』日焼け止め塗っときゃよくない??な、今考えると身の毛もよだつくらい恐ろしい思考をしていたと思うのですが、そんな状態なので化粧は最低限なんか塗ればいいやという間隔でした。生クリームでも塗ってろ。 これ去年の11月くらいまでの話です。本当に恐ろしい。。そして大きなきっかけは、クリスマスに発表された春からのツアー。セクゾメンバーの年齢的にも答えに行きつくには簡単でしたが、このままでは若さに殺られる、、、と。野生の勘だけは自信がある私です。(知らんがな)直感的にこれではまずいと感じ、まずは体重-5㎏、手持ちの化粧品の見直し、商品情報のチェックなど、人生で1番外見に気を使っているような気がします。糖質摂取は昼食のみがっつりめに、帰りも最寄りから2つほど手前のバス停から降りて歩くなど色々試しています。どの美容家さんの助言より自担の影響は偉大。これは保証します。

 

Jr.の知識が深まった&成長に感涙した

YJオタ=少クラ+ラジオ視聴(主にレコメン)+ドル誌×5+年に3回ほど出る音源×実質無料のDVDで成り立っているというのは、かつてYJオタだった頃に学校で習うどの数式よりもごく自然に身についた公式でした。なのでセクゾに堕ちてから少クラ視聴というのはもはや条件反射的にごく自然な流れでした。で、そうなると必然的に目に入るのは最近のJr.の子たちですよね。ここ2~3年、昔は激しく反論していた『全員同じ顔に見える』という大人たちの意見にも納得がいくようになってしまったので、わたしはなんてつまらない大人になっちまったんだなんてことはさておき、何光年ぶりに少クラを見て果たしてJr.各々違いなんぞ私には分かるのかと不安でした。案の定SixSTONESはシックストーンズと呼び、キンプリに関しては乙ゲの名前かなんか????というざま。けれど蓋を開けたら歌は上手いわKAT-TUN歌うわ本家よりダンス揃っしかも6人いる……(涙)の大洪水でYJ地縛霊は感涙ものでした。キンプリも中の子たちが乙ゲ設定そのもの。よかった。(よかった?)少し蛇足しますが最近某ランドに行きたいという欲が出なくなったのは、PrincePrincesという脳みそ溶解ドリーミンソングを知ってしまったからなような気がしています。ついに真夜プリも録画し始めました。でも何より驚きだったのが、当時ちびっ子Jr.だった子たちの成長っぷり。J.J.Expressやスノプリ合唱団などと聞くと懐かしさで阿鼻叫喚・咽び泣きのダブルコンボ系オタクなので、それ以降は名前は見たことあるような気がする…で止まってるんです。B.I.Shadowもぎりぎり。ただ田中家の樹くんや森本の慎太郎くんあたりなんかは、「ほぉ~弟君か~」なんて当時認識していたのでもちろん覚えていて。ただ、ご尊顔はぼんやりだったので、出戻り後に見た時は分からなかったです。特にじゅったん。兄者より背大きくない???すくすくとアイドルをやっていて、安堵というか嬉しかったです単純に。お兄ちゃんのバンドもかっこいいけどな、うん。

 

シンメへの概念が変わった

まずいいですか?5人グループなのに宇宙レベル国家レベルのシンメが2つもあるなんてなんで誰も教えてくれなかったんですか…?(A、わたしには友達が少ない)

シンメという存在は好きなんですよもちろん。というかジャニオタでシンメという存在を嫌いな人っているのでしょうか(きっといる。みんな違ってみんないい。)ただ端的に言うとセクゾのシンメたちは私の知っているシンメの次元を超越しているですよね。公転なんてあってないようなもの、地球を回しすぎちゃってる。シンメには数々のエピソードが付きものですが、なんていうかセクゾのシンメたちはこう…地球誕生の瞬間から繋がっているかのように感じるんですよね……。もはやアダムとイヴ、カインとアベルはふまけん聡マリではないか説。(既存の諸説フルシカト中)それに加え顔面国宝がセンターを務めているんだから世界文化遺産に登録される日も近いんじゃないかと読んでいます。世界文化遺産登録委員会は早くセクゾのマネージャーさんに連絡してください。出会いは突然偶然必然と思いながらも、そんな宇宙の誕生をリアルタイムで見届けられなかったのが新参の悲しいところです。あゝ無念。

 

とまぁこんな感じです。

久々に書いといて起承転結できていないエピソードばかりで「sorry...girl」って感じですが、春ツアーにAOKIスーツCMに新曲にハルチカに!楽しいこと続きですね!!

3/4(土)以降に顔面の美しさと甘酸っぱさに全国の映画館の画面が割れないことを祈って。

 

 

 

 

 

 

 

ド新規(私)のためのド新規(私)による好きな曲紹介~Sexy Zone 編~

突然ですが、最近飛ぶ鳥を落とす勢いで(主に私の中で)人気を博しているセクゾことSexy Zoneは曲がいい。変わった歌歌うなと少しでも思ったことのあるそこのハニーもちょっと立ち止まって聞いてほしい。何度でも言うがSexy Zoneは曲がいい。そもそも偏見というのは自分がよく知りもしないところから勝手に抱く物の見方である。偏見は聴いてから言えが私の勝手な信条なので、蓋をあけると実は良曲沢山なSexy Zoneの楽曲についてド新規の私が選ぶ好きな曲の一部を勝手に紹介していく。おわかりだろうがこれはただの自己満である。ただいかんせんまだライブ映像もろくに観られていないモノホンのド新規なので見当違いなことを言っているかもしれないが、ド新規だからこそ純粋で素直に書けることもあると自負している。とにかくSexy Zoneは曲がいい。

 

しかしそんな私も、セクゾは変わった歌を歌うなぁと思っていた。いわゆるトンチキ曲。でも実はそんな印象だったにもかかわらず、曲からSexy Zoneを好きになった1人である。遡ること10か月ほど前。前回の記事の通り、今年の4月から関ジャニ∞ファンことエイターに出戻った。ただそれ以前に、実はほんのすこぉーーーーーしだけ気になっていたCMがあった。そう、『黒崎くんの言いなりになんてならない』の予告である。主演はSexy Zone 中島健人ということで、当時中島健人がラブホリ先輩として名を世(主にオタク界隈)に知らしめているらしいことは知っていたし顔はかっこいいと思ってはいたけど、それ以外のSexy Zoneのセの字にも掠っていなかった私は、「まーーーたタイトル長いドS王子ものの実写か」と気になっていたくせに突然のツンデレをかましていた。のに。その予告CMで一瞬、聞こえるか聞こえないくらいかで流れた「俺を好きになれメイッマーイッデッ」に全てを持っていかれた。

「俺を好きな…????俺を好きになれっ……???えっ??そこまで命令形なの??えっ好き(トゥンク)」 恋の始まりである。

動機息切れに求心だったが一旦冷静になり、中島健人が主演ということはもちろん主題歌はセクゾなのかと望みを持って検索した結果、次のアルバムにどうやらこの『Make my day』という曲が入るらしいと。とりあえずTSU〇YAレンタル待ちだなとその場は納まった。そして(その後、エイトブームが6光年ぶりに再来。エイト関連のDVDやCDを購入し楽しいエイターライフの復帰に自分自身心躍らせながら毎日を過ごし)時は流れ11月—――――――――(長え)

今年7月~8月頭にかけて私の夏と恋と青春を奪っていった菊池風磨出演の「時をかける少女」で私の菊池風磨株が爆上がりし、最終回のラストシーンは今夏で1番の号泣を誘い、見事に時かけロスになるなどセクゾがお茶の間でじわじわと見かけることが多くなってきた中、彼らも5周年ということでなんとなく気になり、あの一歩間違えれば放送倫理なんとか協会から×が出てしまいそうな番組名『Sexy Zone Channel』ことセクチャンを見始めてしまったことから私のセクガル(余談だがもうガールではないので婆でもいい)ライフは本格始動する。

アイドルというからには、顔はもう十分みんなかっこよかったのでえぇいまずは曲だ曲を聴こうとT〇TAYAに駆け込み、片っ端からCDを借りてこれから始まるめくりめくセク婆人生に胸躍らせながら曲を落としていったのが約1か月前。

さてここからがやっと本題です。我ながら長すぎる。

この約1か月間Sexy Zoneの曲を聴いていて感じたのは、なにより曲がいい。もう4回は言っているのでさすがに覚えて帰ってほしいが、事実なのだから仕方ない。トンチキワードは随所にありつつ、そのおかげで1回聴いただけで頭に残ってしまう中毒性があり、メロディーも良い。これがアルバム曲なの?!というクオリティのもの多く5人の歌声が素晴らしいので聴きやすいし、気づければ好き度合いが増す。それでは、ド新規のド新規による好きな曲紹介はじマリウス!ドン!!!

 

Make my day

 前述したとおり、中島健人主演映画『黒崎くんの言いなりになんてならない』主題歌。この曲実は「俺を好きになれ」よりも聴いた人が一度は頭上に?を作ってしまうワードが出てくる。洞窟あたり住んでたら男は10万年前狩りに出かけるのだと。(???)いまだによくわからねぇが、なんとなく理解できるようになってしまったあたり私も立派なド新規セク婆である。あとこれだけ顔面が整いまくった集団に俺を好きになれとか言われて悪い気を起こす女子などいない(断言)サビでタオルをぶんぶん回すの楽しい。

Congratulations
実は応援ソングだけど、それらすべて総シカトして個人的に自分の披露宴で流したい曲。この5人からこんぐらっちゅれーしょーんなんて歌われたら嫁に行きたくないって言う意味で泣く。何よりメロディーがきれい。

24-7~僕らのストーリー~

近未来感。これからのセクゾが突き進む未来感。大事なことなので2回言いました。24-7の*1意味は知らない。かっこいいセクゾここにありという感じ。冒頭のしょりパートが個人的にとても好き。
King&Queen&Joker

聡ちゃん推しの私はちょっと鬱曲歌詞を読むと三角関係なんですよね。ガラスの靴とかトンチキというよりメルヘンワードが出てくるんですが、曲調は煌びやかで多幸感にあふれています。三角関係だけど幸せになっちゃう。でもその三角関係にも決着がつくかも?この曲の歌詞については各所ブログで考察してくださっているセクガルさんもいらっしゃるので、そういう面でも楽しめる曲。
ぶつかっちゃうよ

ルンルンルルルルン~ルルルルンルン♪ルンルンルルルルン~ルルルルンルン♪

ゲシュタルト崩壊起こしてルがレに見えてきたのでやめます。怒らないからこの曲名見た時に食パンを加えた女子高生が家から走って学校に行く途中に出合い頭で中島健人とぶつかっちゃうなんて妄想をした人は今すぐ名乗ってください。私です。そしてそんな想像という名の妄想も銀河の果てに追いやってしまうほどの中島健人の「好きだよ、ばか」で撃沈してください。右見てついでに僕を見てってどんだけ出しゃばりなんだよ(とても好き) 

Electric Shock

ふまけんがひたすらふまけんでふまけんがふまけん。言葉はもういらないとはまさに歌詞のとおりで、セクゾのボーカル柱を支えている2人なだけあってユニゾンパートの美声がすぎる。とにかく聴け!!!話はそれからだ!!!!!(※ふまけん曲です)
Sweety girl

喜んでデートするから、おばちゃんに口座番号教えてもらってもいいかな〜〜???(^_^)ん~~~???????(^_^)お巡りさん、私です。とにかくかわいい。衣装もかわいい。ほんとにかわいい。しんどくなる。マリちゃんの英詞パートの発音が流暢すぎて「めっちゃ流暢…」って一瞬我に返るけどかわいい。(※聡マリ曲です)

4seasons

冒頭が「髪乱してもっとときめいて」だぞ????シャンプーもしくは化粧用品のCMに使ってくれないと怒るってくらいまさにきらめいている曲。歌詞も春夏秋冬を表現している情緒豊かな雰囲気で好きです。

よびすて

だってこれ作詞が久保田さんだもんto Heart*2信者の私が好きにならないわけがない

Perfect Portion

ダンダンッキッテールッ(かっこいい)

誰にも解けないミステリー

これドラマ主題歌かと思ったらなんのタイアップも付いてないとのことで、そんなのはとても正気の沙汰と思えないので民放各局は5人主演で大至急ドラマ制作を開始してください。本気でシングル曲かと思った。

Love Confusion

聴いているこっちは悲しいかな綺麗になっていかない。ライヴじゃ椅子を使ってる演出と聞いて私の中のファン5万人がスタンディングオーベーションしてた。何よりも、5人の、声、が、きれい、すぎる(語彙喪失)
君と…Milkyway

プラネタリウムでPV撮りませんか????菊池風磨のソロパートの歌声がどれも至高過ぎてうっかりしてると色々持っていかれる。曲の盛り上がり方がツボすぎた。関係ないけど、少クラで歌った時のメンバー配置が個人的にすごく謎だった。

 

さて今回はアルバム曲多めだったため???な方もいると思う。ただ、シングルはもちろん、アルバム曲も引けを取らないくらいのトンチキ良曲豊富なSexy Zone。しかも各々の声が素晴らしく美声なんですよね〜。ソロ曲含めもっと他にも良曲はあるので、今日のはほんの一部です。

そして、改めて5周年おめでとうございました!!!!!大きくなるんだぞ~~!!!!!(そのために私はお布施のウォーミングアップを始める)

最後はめでたく5周年を迎えた彼らのシングルメドレーを見ていただきながらお別れです。


5周年Sexy Zoneシングルメドレー/Sexy Zone

 

バイバイDuバイ

 

 

*1:いつも、とかそういう意味らしい

*2:Kinki Kidsの青の時代とのシングル曲。